今後のドル高円安を予想してドルを購入!EDV購入に備える!

投資哲学

2019年12月、筆者は50万円分の米ドルを購入した。

米中貿易摩擦による株価暴落から1年あまりが経過し、市場は楽観ムードである。

市場が楽観ムードになると、世界最大の市場である米国に資金が流入するため、ドル高円安になることが予想される。

今回ドルを購入した理由は、今後のドル高円安を予想して、比較的円高であるうちにドルを購入しておく。

そして、米国株の価格が上昇し、国債の価格が下落したタイミングで超長期米国債ETFであるEDVを購入する予定である。

スポンサーリンク

米中貿易摩擦後の市場楽観視による株価上昇

2018年12月末に米中貿易摩擦激化による株価暴落が起きて、S&P500・日経平均ともに2割程度下落した。

その後、2019年8月以降は米中貿易摩擦の部分合意を経て、株価は上昇に転じた。

S&P500は史上最高値、日経平均はバブル崩壊後最高値を更新して、世界の株式市場は楽観ムードにあると言える。

今後はドル高円安になる?

世界の株式市場が楽観ムードにあると、資金は世界最大の株式市場である米国に流入する。

世界中の投資家が米国株に投資するためにドルを購入するため、ドル高になることが予想できる。

特に円は安定資産として考えられているため、暴落局面においては買われ、経済成長局面においては売られる傾向にある。

今後はドル高円安になることが予想できる。

株価暴落局面に備えてEDVを仕込む

筆者がドルを購入した理由は、超長期米国債ETFであるEDVを購入するためである。

一般的に株価・債券価格・ドル円為替の関係は以下のようになる。

経済成長局面 暴落局面
株価 上昇 下落
債券価格 下落 上昇
米ドル価格 上昇 下落
円価格 下落 上昇

実際に、2008年のリーマンショック後の暴落局面では、株価・米ドル価格の下落と債券価格・円価格の上昇が確認できる。

リーマンショック後の株価・債券価格・ドル円為替の関係
現在、株価は上昇を続けているが、この経済成長局面がいつまでも続く保証はない。

このまま株価が上昇を続けると、債券価格は下落する。

債券価格が下落したタイミングで割安にEDV仕込み、来たるべき暴落局面に備えるつもりである。

超長期米国債ETF(TLT)と日本円!株価暴落時向けて保有すべきはどっちか検証してみた
以前、最強の投資法として株価暴落時の円高時にドルを購入してS&P500に連動するインデックスファンドに投資して、景気回復によりキャピタルゲインを得る手法を紹介した。しかし、過去のチャートを見るとTLT・EDVのような超長期米...
【最強の投資法】金融恐慌が来たら米国株を買え
最強の投資法とは誰が行っても容易に莫大なリターンを得ることができるという意味である。方法は金融恐慌時に米国株を仕込んでおき、景気回復を待てば良いだけである。金融恐慌時は安定資産の円が買われるため円高になり、米国株も暴落しているため大...

もちろん債券価格が下落したタイミングで米ドルを購入してEDVを仕込んでもよいが、その頃には株価上昇とともに米ドル価格の上昇が予想できる。

ドル安円高のうちに米ドルを仕込んでおくことで、さらに投資効率を上げることができる。

まとめ

今後のドル高円安を予想して米ドルを50万円分購入。

長長期国債ETFであるEDVの価格が下落したタイミングで割安に仕込み、来たるべき暴落局面に備える予定である。

コメント