VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETFを購入!!

投資実績

コロナショックによる株価低迷期間にVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)を39口購入した!

スポンサーリンク

VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットETFとは

VTI:バンガード・トータル・ストック・マーケットEIFとは、バンガード社が運用するインデックスファンドであり、CRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動する。

CASP USトータル・マーケット・インデックスとは、米国株式市場の4,000もの銘柄の時価総額加重平均により算出される株価指数であり、米国株式市場のほぼ100%をカバーしている。

そのため、VTIを購入することで、米国市場のほぼ100%の銘柄に投資することができる。

【最強の投資法】金融恐慌が来たら米国株を買え
最強の投資法とは誰が行っても容易に莫大なリターンを得ることができるという意味である。方法は金融恐慌時に米国株を仕込んでおき、景気回復を待てば良いだけである。金融恐慌時は安定資産の円が買われるため円高になり、米国株も暴落しているため大...

VTIの株価と取引履歴

コロナショックによる株価低迷期間にVTIを39口(@147.32USD)購入し、保有している。

VTIの過去チャートと取引履歴
引用:Bloomberg HP(取引履歴追記)

今回の反省は株価が底値を記録した3月後半で追加購入をすることができなかったことである。

買付余力が不足していたこともあるが、米国株式は一旦ドルを購入する必要があるため、為替のタイミングも見極めなる必要があったためである。

実際、3月後半はVTIの株価は低迷していたが、1ドル110円という円安の水準であったためVTIの購入に踏み切ることができなかった。

今後も買い増し予定

今後、コロナウイルス感染拡大の第2波の影響による株価下落や、実体経済と株価の乖離が正常な状態(株安)に戻ることがあれば、追加で購入予定である。

コメント