配当利回り6%越え!JT(日本たばこ産業)は買いなのか?

投資全般

JT(日本たばこ産業)は2020年1月時点で配当利回り6%越えの高配当銘柄である。

しかし、近年の喫煙者数は減少傾向にあることで株価は下落傾向にある。

この記事では高配当銘柄JTは買いか否かを調査する。

スポンサーリンク

JT(日本たばこ産業)とは

JT<2914>は1985年に設立され、たばこ・食料品・医薬品を製造・販売する企業である。

売上高の大部分がたばこであり、2019年度は国内外を含めて売上の87%に上る。

国内事業だけにとどまらず、海外にも展開しており、たばこ事業の世界シェア第4位である(2018年データ)。

近年では国内でのたばこ・医薬需要は減少するも、海外でのたばこ需要は拡大している。

連続増配銘柄

JTは株主還元の精神が強く、配当金も年々増加している。

2012年度から2019年度の配当金と配当性向の推移を以下のグラフに示す(データはJT公式HPより引用)。

JT配当金推移

グラフより年々JTの配当金は増加していることがわかる。

しかし、同時に配当性向も増加しており、2019年度は70%を超えている。

利益は減少傾向にあるため配当余力にも限りがあり、今後もこの連続増配が続くかは定かではない。

下落し続ける株価

以下にJTの過去5年間の株価チャートを示す。

JT株価
引用元;Yahoo!ファイナンスアプリ

2015年8月の4,800円をピークに下落し続け、2020年1月現在では2,400円前後まで株価が下落している。

2015年8月から2020年1月までの4年と6ヶ月での下落率は50%であり、1年あたりの下落率はおよそ11%となる。

JTは買いなのか?

結論から述べると、JTは買いではない。

2019年度の配当は6%を超えているが、前章で計算したように株価の下落率はおよそ11%である。

配当金は魅力的だが、このまま株価が下落し続けたとしたら、結果的に資産を減らしてしまうこととなる。

配当性向も年々上昇し、今年度は70%を超えているため配当金の増加はあまり期待できない。

以上の理由から配当利回り6%超えの高配当銘柄であるという理由で、JTの購入に踏み切るのは危険である。

まとめ

JTは配当利回り6%超えの高配当銘柄であるが、利益は年々減少しており株価も下落傾向にある。

加えて配当性向も70%超えで、配当金の増加もあまり期待できない。

そのため、高配当に魅せられて安易に購入するのは危険である。

コメント