NISA口座の賢い使い方!NISAのメリット・デメリットまとめ!!

書評

NISAとは毎年120万円分の投資から得られら利益が非課税になるサービスである。

今回はNISAのメリット・デメリットと、賢い使い方をまとめてみる。

スポンサーリンク

NISA口座とは?

NISA(Nippon, Individual Savings Acount)とは少額投資非課税制度である。

毎年少額(120万円まで)の投資から得られた利益が非課税になる制度である。

非課税期間は5年間有効であり、その間株式の売却益や配当金にかかる税金が非課税となる。

また、非課税期間が終了した株式は、その年の新たな非課税枠に移すか(ロールオーバー)、一般口座に移行するか、売却するかを選ぶことができる。

NISAのメリット:毎年非課税枠が利用できる

NISAのメリットは毎年120万円分の非課税枠が利用できることである。

本来であれば株式を売却して利益が得られた時や、配当金を受け取った時に、その利益に対して約20%の税金がかかる。

しかし、NISA口座で得られた利益に対してはこの税金が非課税となるため、投資の効率を上げることができる。

これがNISA口座を利用する最大のメリットである。

売却益を得た場合

NISA キャピタルゲインへの税金
1年目に購入した株を5年後に売却して売却益を得たとしても、売却益にかかる税金が非課税となる。

配当金を得た場合

NISA インカムゲインへの税金
5年間、配当金を受け取った際に支払う税金が非課税となる。

NISAのデメリット①:非課税枠は年に1度しか使用できない

NISAの非課税枠120万円は年に一度しか使用することができない。

一度NISA枠を利用して株式を購入した場合、その株を売却したとしてもその非課税枠を再び使用することはできない。

例えば、50万円分の株式を購入うした場合、その年の残りの非課税枠は70万円分になる。

たとえ、50万円分の株式を売却したとしても非課税枠が120万円に戻ることはない。

つまり、短期的な売買の利用にNISA口座は向いていないと言える。

NISAのデメリット②:損益通算できない

NISA口座で出した損失は一般口座で得られた利益と合わせることができない。

そのため、一般口座で利益を上げていた場合、NISA口座の損失と合わせることで支払う税金を減らすことができない。

例えば、株式Aと株式Bの売買により、それぞれ30万円の損失と30万円の利益を得た場合を考える。

どちらも一般口座で取引した場合は、その年の通算損益は±ゼロのため、税金を払う必要はない。

しかし、NISA口座で株式A(30万円の損失)、一般口座で株式B(30万円の利益)を売買していた場合、一般口座で得られた利益30万円分の税金を支払う必要がある。

NISA口座の賢い使い方

NISA口座で購入すべき銘柄の特徴は以下である。

  • 長期保有できる銘柄
  • 堅実な高配当銘柄
  • 値上がり益が期待できる銘柄

長期保有できる銘柄

NISAのデメリット①で述べたように、NISA口座は短期売買に向いていない。

そのため、長期保有により利益を上げられる銘柄を保有すべきである。

堅実な高配当銘柄

NISAのデメリット②で述べたように、NISA口座で出した損失は損益通算できないため、NISA口座では確実に利益を上げたい。

そのために、確実に利益が見込める高配当銘柄に投資することで、非課税枠の旨味を確実に活かすことができる。

値上がり益が期待できる銘柄

前項目ではNISAの非課税枠を確実に利用するために堅実な高配当銘柄に投資することをすすめた。

しかし、大きな値上がり益を得ることを目的として成長株・割安株に投資をすることで、大きな利益を狙うことも有効である。

投資した銘柄の株価が数倍になった場合の売却益が非課税になるという莫大なメリットを得ることができる。

もちろん、予想が外れて株価が下落した場合は損失とともに、損益通算できないというデメリットも被ることになる。

まとめ

NISAとは、毎年120万円の投資から得られる利益が非課税になる制度である。

NISA口座で購入すべき銘柄の特徴は以下である。

  • 長期保有できる銘柄
  • 堅実な高配当銘柄
  • 値上がり益が期待できる銘柄

コメント