20代のうちは集中投資をすべき理由

投資哲学

一般的に、資産運用の原則は分散投資と長期投資であると言われている。

もちろんこの原則は正しく、分散投資と長期投資により、長期にわたって安定して資産を増やすことができる。

しかし、資産運用の目標が筆者のようにアーリーリタイヤである場合は、分散投資と長期投資という資産運用の原則は必ずしも正解とは言えず、集中投資により大きなリターンを狙うべきである。

本記事では、20代のうちは集中投資をすべき理由をまとめてみる。

スポンサーリンク

そもそも分散投資の必要性は?

そもそも分散投資の必要性はリスクヘッジのためである。

この場合のリスクとは資産を減らしてしまうリスクを指す。

例えば、100万円を単一の銘柄に投資する場合と、複数の銘柄に投資する場合を考えてみる。

前者の場合、投資した企業が倒産してしまった場合、投資資金の100万円を全て失ってしまうこととなる。

しかし、後者の場合は、投資対象の企業のうち1社が倒産したとしても、投資資金の100万円を全て失うことはない。

分散投資とは、複数の銘柄に投資することで価格変動による資産減少のリスクを抑え、安定したリターンを狙う投資手法である。

国内株式市場の複数の銘柄に分散投資するだけでなく、外国株式や国内債券・外国債券をポートフォリオに組み入れることで、世界市場への分散投資が可能になり、価格変動に強いポートフォリオを構成することができる。

これが分散投資の魅力である。

20代のうちは集中投資をすべき理由

では、価格変動の影響を受けにくく、安定したリターンが期待できる分散投資をせずに、20代のうちは集中投資をすすめする理由は何か?

分散投資では大きなリターンが期待できない

まず、分散投資よりも集中投資を推す理由のひとつ目は、分散投資では大きなリターンが期待できないからである。

特に、20代のうちは投資資金が少ないため、分散投資によりそれほど大きなリターンは期待できないであろう。

筆者のように、株式投資で数千万円、数億円単位の資産形成を目標とする場合は、大きなリターンが期待できる集中投資をすべきである。

もちろん、資産運用はあくまで副収入の一つとして考えているだけで、アーリーリタイヤを目指しているわけではない場合、大きなリターンを狙うよりも、分散投資により安定したリターンを狙うべきである。

若いうちは失敗を取り返せるから

また、集中投資に失敗して余剰資金を失ってしまっても、若さという武器があるため、失敗を取り返すことができる。

また、そもそも20代のうちは余剰資金がすくないため、失う金額が少ない。

一方で、40代・50代で集中投資により失敗して余剰資金を失ってしまった場合は、失う金額も20代のうちに比べれば大きな金額であ流ことに加え、定年までの時間に働いて取り返すことは困難である。

まとめ

分散投資は安定したリターンが期待できることから、投資の基本とされているが、大きなリターンが得られにくいというデメリットがある。

筆者のように株式投資により億単位の資産形成を目標とする場合は、集中投資をするべきであり、特に失敗を取り返すことができる20代のうちは、積極的に集中投資をするべきである。

コメント