投資実績

DX関連銘柄KYCOMホールディングス <9685>が2日連続ストップ高!

DX関連銘柄としてKYCOMホールディングス <9685>が12月3日、12月4日にストップ高を記録した。 DXとはデジタルトランスフォーメーションの略であり、企業や自治体のシステム管理コストの減少に向けて、現在の老朽化システ...
投資哲学

20代のうちは集中投資をすべき理由

一般的に、資産運用の原則は分散投資と長期投資であると言われている。 もちろんこの原則は正しく、分散投資と長期投資により、長期にわたって安定して資産を増やすことができる。 しかし、資産運用の目標が筆者のようにアーリーリタイヤである場合は、...
投資全般

一生分の仕事を今終わらせる!アーリーリタイヤへのモチベーション

なぜ、サラリーマンは一生働くことが普通だと考えられているのか? 本来、自分の身体・人生は他ならぬ自分だけのものであり、他人の尊厳を侵さない限りにおいて、自分が好きな時に好きのことを好きなだけやるのが理想の人生である。 誰かのために自分の...
書評

スイス銀行家に学ぶ儲けのルール「マネーの公理」投資とは投機である

著者のマックス・ギュンター(Max Gunther)は金融マフィアとして知られるスイス銀行家を父に持つ投資家である。 本書はスイス銀行家のうちで暗黙の了解として知られている「チューリッヒの公理」と呼ばれる投機ルールについて書かれている。 ...
未分類

普通のサラリーマンがクラウドワークスを1ヶ月やってみた結果

近年日本企業の間で副業解禁の動きが広まってきた。 特に近年のインターネットの発達により注目されているのは、仕事を依頼したい企業・個人と働きたい個人をマッチングするクラウドソーシングである。 数あるクラウドソーシングのサービスの中で、筆者...
投資哲学

投資方針についてもう一度考えてみる

株式投資を本格的に開始してから4ヶ月が経過した。 自身の投資生活で経験した成功や失敗を参考にして、もう一度今後の投資方針について考えてみることにする。 安く買って高く売る 投資方針はシンプルであればシンプルであるほど良い。筆者の投資方針は...
投資全般

超長期米国債ETF(TLT)と日本円!株価暴落時向けて保有すべきはどっちか検証してみた

以前、最強の投資法として株価暴落時の円高時にドルを購入してS&P500に連動するインデックスファンドに投資して、景気回復によりキャピタルゲインを得る手法を紹介した。 しかし、過去のチャートを見るとTLT・EDVのような超長期米...
投資哲学

撤退した銘柄の株価が上がった場合の対処法

投資生活において撤退した銘柄が上昇することほど悔しいことはないだろう。 上がることはないと見切りをつけたはずの銘柄が上がり始める。 再び買い戻すべきなのか、上昇している株価を横目に買い戻したい気持ちをぐっとこらえるべきなのか。 この記...
投資実績

【2019/11/26】 日本株ポートフォリオ【投資開始から3ヶ月経過】

投資開始から3ヶ月が経過した。 投資金額は650,800円であり、評価損益は+60,000円(+9.22%)で運用できている。 この記事では、自身の投資実績を振り返るとともに、今後の方針を決めようと思う。 ポートフォリオ 銘柄...
投資全般

四季報に書いてある株価指標について簡単にまとめてみた

投資先の企業を選ぶ上で株価の割安性や事業の収益性などを見極めなければいけない。 しかし、PBR・ROEなど見慣れない単語が多く、どの指標を参考にしたら良いのかがわからない。 そこで、この記事では株価指標、特に四季報に記載してあるものにつ...