2億円の資産を形成して脱サラするシミュレーション

投資哲学

筆者は配当生活による夢の脱サラを達成するのに必要な金額は2億円だと試算している。

この理由は2億円の資産を安定配当銘柄として保有していた場合、年に800万円の不労所得を得ることができる。

年収800万円という数字はお金には困らないとは言えないにしても、生きていくためには十分な金額だと考えている。

では、筆者のような一介のサラリーマンが2億円の資産を形成するには、年利何パーセントで何年間運用すれば良いのか考えてみる。

シミュレーションの必要性

そもそもなぜシミュレーションを行う必要があるのか?

それは、自らの投資スタイルを決めるためである。

投資スタイルに正解はないと考えている。

すでにある程度の資産を所持している人は年利数パーセントで安定的に資産を拡大すべきだろうし、筆者のように保有資産に乏しく一発逆転を狙う必要がある場合はリスクをとってハイリターンを狙う投資スタイルを選択することとなる。

そのために、目標金額と投資可能資金から運用年数・平均年利を決定し、最適な投資スタイルを選択していかなければいけない。

シミュレーション条件

下記のようなシミュレーション条件により、\(t\) 年目の資産 \(X(t)\) を試算してみる。
シミュレーション条件

年間投資資金 \(x\) 万円
平均年利 \(n\) %
運用年数 \(t\) 年

たとえば、1年目の資産は最初の投資資金のみであり、

\(X(1)=x\)万円

となる。

2年目の資産は1年目の投資資金\(x\)万円を年利 \(n\) %で運用して増加した資産に2年目の投資資金 \(x\) 万円を足して、

\(X(2)=x\times \frac{n+100}{100} + x\)

となる。

同様に考えていくと \(t\) 年目の資産は、

\(X(t)=x \times (\frac{n+100}{100})^{t-1} + \frac{n+100}{100})^{t-2} + \cdots + x\)

となり、この式をまとめると、

\(X(t)=x \times \frac{1-(\frac{n+100}{100})^{t}}{1-\frac{n+100}{100}}\)

となる。

式の変形の過程が気になる方は、高校の数学の教科書を見直すか「等比数列 和の公式 証明」などで検索を試みて欲しい。

次の項目では年間投資資金 \(x\) 万円と平均年利 \(n\) %をパラメータとして変更させた時の、\(t\) 年後の資産 \(X(t)\) 万円の関係を調べてみる。

資産運用シミュレーション結果

年間投資資金 \(x\) = 50万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円の場合それぞれについて、平均年利 \(n\) = 3%、5%、7%、10%、15%、20%、30%、40%、50%、70%、100%で資産運用した場合の\(t\) 年後の資産 \(X(t)\) 万円についてシミュレーション結果を示す。

筆者の目標は10年以内に自由な生活を得ることであるため、シミュレーション期間は10年までとした。

すべてのグラフの縦軸は総資産[万円]を表し、横軸は資産運用の年数[年目]を表す。

目安として目標である2億円を赤でマーキングしている。

年間投資資金が50万円の場合

年間投資資金50万円のシミュレーション結果
年間投資資金が50万円の場合、10年以内に総資産2億円を達成したのは、平均年利100%で7年間資産運用した時のみであった。

年間投資資金が100万円の場合

年間投資資金100万円のシミュレーション結果
年間投資資金が100万円の場合、10年以内に総資産2億円を達成したのは、平均年利100%で6年、平均年利70%で8年の2組であった。

年間投資資金が150万円の場合

年間投下資金150万円のシミュレーション結果
年間投資資金が150万円の場合、10年以内に総資産2億円を達成したのは、平均年利100%で6年、平均年利70%で7年の2組であった。

年間投資資金が200万円の場合

年間投資資金200万円のシミュレーション結果
年間投資資金が200万円の場合、10年以内に総資産2億円を達成したのは、平均年利100%で5年、平均年利70%で7年、平均年利50%で8年の3組であった。

年間投資資金が250万円の場合

年間投資資金250万円のシミュレーション結果
年間投資資金が250万円の場合、10年以内に総資産2億円を達成したのは、平均年利100%で5年、平均年利70%で7年、平均年利50%で8年の3組であった。

年間投資資金が300万円の場合

年間投資資金300万円のシミュレーション結果
年間投資資金が300万円の場合、10年以内に総資産2億円を達成したのは、平均年利100%で5年、平均年利70%で6年、平均年利50%で7年、平均年利40%で8年の4組であった。

年間投資資金より平均年率の方が支配的!

シミュレーション結果から、\(t\) 年後の総資産 \(X(t)\) に対して、年間投資資金\(x\) 万円よりも平均年利 \(n\) %方が支配的であることが読み取れる。

これは、シミュレーション条件の章で算出したように、\(t\) 年後の総資産 \(X(t)\) は、

\(X(t)=x \times \frac{1-(\frac{n+100}{100})^{t}}{1-\frac{n+100}{100}}\)

となり、年間投資資金は\(x\) は掛け算の項であるが、平均年利 \(n\) は運用年数 \(t\) の累乗の項であることからも明らかである。

総資産2億円達成のための平均年利は100%!

筆者は10年以内に2億円の資産を築いての脱サラを志している。

そして、1年間に投資に使用できる金額はせいぜい150万円程度であるため、10年以内に総資産2億円以上を達成するには平均年利70%から100%を達成しなければならない。

目標は大きく、平均年利100%を達成することを掲げるとしよう。

つまり筆者は今後の銘柄選びにおいて、この銘柄は1年で2倍の株価になるか?という観点から投資対象を決定する必要がある。

今回のシミュレーションでは株式売却時に生じる税金や、配当の再投資を考慮に入れていないが、投資スタイルを決めるためのシミュレーションとしては妥当なラインであると考える。

コメント